1. 目の下のクマ・たるみ専門 ホーム
  2. Q&A
  3. 美容整形のダウンタイムとは?

美容整形のダウンタイムとは?

目の下のたるみ取りなら、安心・安全のガーデンクリニックにお任せ下さい。
当院へ寄せられるよくある質問にQ&A形式でわかりやすく回答した内容を掲載しています。

美容整形のダウンタイムとは?

美容整形や整形では「ダウンタイム」という言葉がよく使われます。
「ダウンタイム」は日常生活が通常通り行えるようになるまでの時間のことを言います。
美容整形や整形で言われる「ダウンタイム」とは大きく4つに分けられます。

1、美容整形後の痛み
施術内容にもよりますが、
美容整形後の痛みもダウンタイムを要する一つです。
シリコンバッグによる豊胸手術は、
痛みのためのダウンタイムを準備しておくほうが無難です。

2、美容整形後の腫れ
顔の整形、特にまぶたの整形は腫れによるダウンタイムが最も問題になります。
整形による腫れは施術を受ける前にはイメージしにくいことが多いです。
きちんとカウンセリングの際に腫れの期間や程度を確認することが必要です。

3、美容整形後の内出血
脂肪吸引や、顔の整形では内出血もダウンタイムが必要になります。
脂肪吸引では広範囲に内出血がでる場合があるため、
2週間ほどダウンタイムを要する場所があります。
顔の整形、特にプチ整形でも内出血の可能性はありますが、
コンシーラーを利用することでダウンタイムを短くすることが可能です。

4、美容整形後の糸
プチ整形を除くほとんどの美容整形の施術は抜糸が必要になります。
5日から7日後にほとんどの場合抜糸を行いますが、
まぶたや顔の場合は、この期間もダウンタイムとなります。

溶ける糸を使用して抜糸をしない場合は、
溶けるまでに3週間から4週間かかるためダウンタイムは更に伸びることになります。

Q&A一覧へ戻る
ページの先頭へ