1. 目の下のクマ・たるみ専門 ホーム
  2. 目の下のクマの原因と解消法

目の下のクマの原因と解消法

目の下のクマの原因とは

目の下のクマの原因とは

目のクマの原因は何でしょうか?
目の下のクマの原因は大きく分けて3つあります。
加齢、筋肉のゆるみ、まぶたの血行不良、色素沈着等
クマの原因別にご紹介します。

1. 黒クマ 黒クマ
黒クマの症例イラスト

1つ目は、まぶたのたるみによってできる影で、
黒クマといいます。
まぶたのたるみの原因としては、
加齢による皮膚、筋肉(眼輪筋)のゆるみや、
眼窩隔膜(がんかかくまく)という膜のゆるみによって
目の周りの脂肪(眼窩脂肪)が
前方へ飛び出してしまうことなどが挙げられます。

目の下のまぶた断面図

加齢とは関係なく、もともと眼窩脂肪が多い人や、
特殊な場合には、甲状腺等の病気で、眼窩脂肪が増してもクマが出来る原因になります。


2. 青クマ 青クマ 赤クマ 赤クマ 紫クマ 紫クマ

青クマ、赤クマ、紫クマ

2つ目は、まぶたの血行不良や、
うっ血の色が皮膚を通して見えてしまう状態によるクマで、
青クマ、赤クマ、紫クマなどと言われます。

まぶたは、とても血行に富んだ場所です。
眼精疲労や、寝不足、運動不足、不摂生などで、
まぶたが血行不良になったり、うっ血(血の流れが滞ること)に
なったりするとクマの原因になります。

目の下のまぶたの血行

また、瞼の皮膚は正常の人でも大変薄いですが、
もともと皮膚の薄い人や、色白の人、加齢で皮膚が薄くなってきた人も、
まぶたの皮膚の血行や筋肉の色が透けて見えてしまい、クマになります。


3. 茶クマ 茶クマ

茶クマ

3つ目は、
まぶたの皮膚の色素沈着が原因の茶クマです。

紫外線によるシミや、皮膚の新陳代謝の低下、
血行不良な状況を放置しているような場合、
目をこする癖のある人、
アトピー性皮膚炎などの慢性炎症が原因で、
まぶたに色素がたまってしまうと茶クマになります。

茶クマの断面図

実際には、これらの様々な原因がいくつか重なってクマになっていることがほとんどですので、
クマの原因を見極めて、それにあった効果的な治療をしていくことが大切になります。


目の下のクマのセルフケア

目の下のクマのセルフケア

目の下のクマの解消法として、
セルフケアとクリニックでの施術によるプロケアがあります。
自分にあった解消法をみつけてみましょう。

血行障害やうっ血が原因の青クマ、赤クマ、紫クマには、
セルフケアとして、蒸しタオルや目元専用の暖めるアイマスクで
血行を促すという方法があります。

蒸しタオルや目元専用の暖めるアイマスク

特にパソコン作業の多い方は、
昼休みなどの休憩時間に目元を暖める習慣をつけると
目の下のクマだけでなく、眼精疲労の解消にもなります。

サプリメント

バランスの良い食事やビタミン、ミネラルの摂取を
なるべく食品から摂取するのがよいですが、
サプリメントを利用しても良いでしょう。

シミ対策でクマ予防

サプリメント

茶グマのセルフケアとして、日焼け対策をして
シミを防ぎ、ビタミンCをしっかり摂取して、
シミができづらくなるようにしましょう。
その他、美白目的の市販されている化粧品や
目元専用の美容液パックなどの使用も良いと思います。


美容皮膚科、美容内科、美容外科の手法を組み合わせてクマ治療

それでも、セルフケアだけで、目の下のクマに
立ち向かっていくには限界があります。
特に、黒クマだけは、セルフケアのみで
完全に解消することは不可能です。

そこで、クリニックでの施術が必要になってきます。
当院では、美容皮膚科、美容内科、美容外科の手法を
組み合わせてクマ治療を行うことが可能です。


クリニックの施術によるプロケア

クリニックの施術によるプロケア

  • 美容内科

    全身的な治療としては、美白点滴や疲労回復系の点滴で、体の内部から美しく、クマの解消もはかります。

  • 美容皮膚科

    局所的にはピーリング、イオン導入で肌の新陳代謝を促し、茶グマ治療が可能ですし、ハイドロキノンの処方で色素沈着対策をします。

  • 美容外科

    美容外科的な治療として目の下のクマにはヒアルロン酸注入やプレミアムオートファイバー法があり黒クマ対策にはどちらの方法も有効です。

オールマイティな治療法 – プレミアムオートファイバー法

プレミアムオートファイバー法

特に、プレミアムオートファイバー法は、
自身の脂肪や線維を目の下のクマの原因に
直接注入することで、クマを解消させます。
自分の脂肪ですので
アレルギー反応なども無く、安全です。

目の下のクマだけでなく、ほうれい線や、
口元(口角、マリオネット線)にも注入でき、
お顔全体が若返る、大変優れた方法です。

施術時間も20分から30分程度、当院の無痛麻酔と
合わせれば寝ている間に終わってしまい、
ダウンタイムもほとんどありません。
また、オートファイバー法は、黒クマだけでなく、
全てのクマに有効なオールマイティーな治療法です。

今回は、目の下のクマの解消法についてご紹介しました。
目の下のクマは原因も解消法も多岐にわたり、
患者さんにあわせたオーダーメイドな方法で治療するのが
一番の近道です。
当院の無料カウンセリングに一度足を運ばれてはいかがでしょうか。
医師がしっかりと診察、カウンセリングいたします。


ページの先頭へ